『飛鳥』

昨夜から急に涼しさを感じるようになりました。

8月もまもなく終わり、日一日と秋が近づいてきているようです🍂

今日は牧阿佐美バレエ団の新制作・世界初演『飛鳥』を観に新国立劇場のオペラパレスに行ってきました。

物語は古代の日本、大陸との交流盛んな時代として描かれる飛鳥を舞台に、

芸術を象徴する竜と人間のドラマが繰り広げられるというものです。

日本の伝統文化の美とバレエ芸術が融合し、舞台空間にはプロジェクションマッピングが映し出されるという

最新のメディアアートを駆使した今までにない新しいバレエ作品でした。

実はこの『飛鳥』、過去に『飛鳥物語』として上演した時にバレエ団に入団したてで出演したことがあり、

阿佐美先生の振りについていくのが大変だった覚えがあります。

『飛鳥』を観ていたらまた奈良にいきたくなってしまいました。

うましうるわしの奈良。

阿佐美先生も取材で奈良に行かれたそうで、その時に霧が出ていてとても幻想的な風景だったとのことで

今回のコールド・バレエは竜ではなく霧の精になったとのことです。

音楽に雅楽を舞踊に舞楽の優雅さを取り入れた『飛鳥』

新しいタイプのバレエ作品でした。asuka

ゲストにスヴェトナーラ・ルンキナさんとルスラン・スクヴォルツォフさんをお迎えしました。

ルンキナさん丁寧に踊られていて綺麗でした✨