針仕事👗

文化祭まであと約1ヵ月😅

リハーサルは週1回ペースでしか出来ず、

尚且つメンバー全員が揃うことがなかなか難しくとても心配になります😟

来週はスタジオ作品の衣裳合わせです。

衣裳は貸し衣裳をお借りするのですが

その衣裳が大きかったり、小さかったりした場合にサイズ直しが必要となります。

後ろのカギホックの受けを作り、サイズの調整をするのですが

そのカギホックの受けの縫い方を小学4年生以上の生徒に

自分達でするように指導をしました。

いわゆるお裁縫、針仕事です。

以前はそれぞれのお母様方に伝授し、サイズ直しをしていただいていたのですが

今回からなるべく自分達で出来ることはやらせてみようと思い

大変なことは覚悟のうえ、自分の着る衣裳のサイズ直しは自分でという方針にしてみました。

中学生達はとても真剣

小学4年生達はなんだか楽しそう😊

とにかくどちらのチームとも、針に糸が通るまでが大変💦

「先生、針に糸が通りません。」とやってきた生徒。

それもそのはず、針穴が小さ過ぎて刺繍糸が通らないのは当たり前。

針穴の大きい刺繍針を貸してあげました。

でもこの真剣な表情を傍で見て、若い世代達に何かを伝えていくということの

大切さと責任と喜びとが混じり合った複雑な気持ちになったこと

いつまでも忘れないようにしたいと思いました。

さて…彼女達、針仕事上手になったでしょうか?