プーシキン美術館展🎨

先日、ずっと見たかった【プーシキン美術館展〗に行ってきました。

決して空いているという感じではありませんでしたが

絵の前で立ち止まって鑑賞出来るくらいの人の出でした。

副題がー旅するフランスの風景画、ということで

珠玉のフランス絵画コレクションで知られるモスクワのプーシキン美術館から

17世紀から20世紀の風景画65点が展示されています。

 やはり目玉は26歳のモネの作品

〖草上の昼食〗です。

そしてもうひとつはこちらのルソーの〖馬を襲うジャガー〗です。

でも私がいちばん好きだったのは有名なモネの〖白い睡蓮〗です。

モネが自宅の庭園に作り上げた《水の庭》の風景

彼が愛し続けた睡蓮の池を切り取りみずみずしい色彩で表された

初期の作品です🎨

こんなお庭があったら素敵ですよね✨

新緑の上野で巨匠たちが愛した光と色彩が躍る美しい風景を巡る旅を楽しみました😊

この展覧会は7月8日(日)まで上野の東京都美術館で開催されています。

美しい風景画の旅を楽しみたい方は是非足を運んでみてください。

ちなみにすぐ隣は1歳になったばかりの《シャンシャン》のいる上野動物園です🐼

上野でお買い物をしたら《シャンシャン》お誕生日記念ステッカーをもらいました💕